ワインを美味しく飲むために

シャブリワインは辛口白ワインです。
なんでも、シャブリを飲みながら牡蠣を食べるというのが定説になっているようです。
でも、本当のところどうなんでしょうか。

以前、牡蠣を食べてから白ワインを飲んでそのあまりの生臭さにたいへんな目にあったという人の話を聞きました。
それに和食にワインが合わないとかも聞いたことがあります。

つまり、ワインを飲むなら何が一番合うかです。

まず、牡蠣の件です。
実際、ワインを飲みながら牡蠣を食べて生臭いと感じるモノなんでしょうか。
人づてに聞いたのでよくわかりません。

人によっては生臭さがどうしても耐えられない人もいます。
でも、多少の生臭さなら平気という人もいます。
なので、結局は好みの問題なんですね。

それに食生活の違いもあります。

食べなれている人なら生牡蠣とワインは美味しいと思うでしょう。

さて、和食とワインについてです。

確かに和食にワインは合わないという人もいます。
だけど、これも人の好みだと思います。

だけど、和食に必ず合うワインが存在します。
それは甲州ワインです。
つまり、日本のブドウで造ったワインです。

だから、和食に合わないはずがありません。
なんといっても、甲州ワインは日本でも美味しいワインを作りたいという人の願いが積み重なって出来た逸品です。

いわば、山梨でブドウを栽培してきた人たちの血と汗の結晶なんです。
美味しくないはずがないでしょう。

しかも、これが和食にぴったりなんです。

ワインを美味しく飲むために